漫画ネタバレ

私の顔にさようなら第9巻ネタバレ感想!ついに美冬が麻矢になりすます─

更新日:

ネタバレ感想

『私の顔にさようなら』第9巻(単話版)のネタバレ。

前回は、脅された美冬が舞美と那美子を殺し、舞美の顔に整形して中学の同窓会に向かうという過去の回想が終わったところで終わりましたね。

前回ネタバレ
私の顔にさようなら第8巻ネタバレ感想!復讐のために自分の顔を捨てた美冬は─

『私の顔にさようなら』第8巻(単話版)のネタバレ。 前回の最後は、舞美と那美子にSM女王の“右腕の羽根”が美冬だとバレてしまい、お金を持ったこないと顔のことをバラすと脅されるところで終わりましたね。 ...

続きを見る

あそこから1話につながったということは、今回の話で新しい展開が始まりそうです。

それでは、『私の顔にさようなら』第9巻のネタバレと感想を始めていきます!

当記事では『私の顔にさようなら』第9巻(単話版)の内容ネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

まんが王国で『私の顔にさようなら』を読む

『私の顔にさようなら』はまんが王国のコミックになるので、絵で見たい方は無料登録しましょう。

Sponsored Links

わたしの顔にさようなら第9巻(単話版)のネタバレ!

美羽を助けて骨折した美菜樹(美冬)は病院の庭で一人、空を見上げていた。

男性「荒武美菜樹さん、お久しぶりです」

美菜樹(美冬)に話しかけてきた男性は、美加の葬儀で声を掛けてきた刑事だった。

美菜樹(美冬)が、美加のことで何かあったのか聞くと、今日は舞美が半年前から行方不明になっていることを調査しに来たと話、何か知らないかと聞く。

美菜樹(美冬)は、同窓会で久しぶりに会って数回メールをやり取りしただけで、それ以降連絡を取ってないなどと話しているところに麻矢がやってきた。

麻矢は話の邪魔をしたか気にするが、話は終わったからと美菜樹(美冬)は言う。

美菜樹(美冬)「昨日は気が動転してしまって悪かったわ」

麻矢「とんでもない…!私のせいで美菜樹はこんな怪我をしてしまったんだもの」
「本当にごめんなさい。美菜樹は美羽の恩人よ…」

美羽が美菜樹(美冬)に手を指し伸ばす。

美菜樹(美冬)「美羽ちゃんが無事で本当によかった」

麻矢「私たち家族を守ってくれた美菜樹」
「美菜樹には感謝しかないわ。本当にありがとう」

美冬は“家族”という言葉に、母に罵られたときのことを思い出す。

美菜樹(美冬)が知人が来るというので、麻矢は作ってきたクッキーを美菜樹(美冬)に手渡し、その場を去ると美冬はとても険しい顔に変わる。

美冬(私はただ翔が好きだっただけ…。なんで麻矢なの…)

わああああああああ!!バン!

美冬は麻矢からもらったクッキーをゴミ箱に投げ捨てた。

RRRR RR…美冬は桐生に電話をかける。

美冬「美冬です。ドクター、これが最後のお願いです」

消えた美菜樹(美冬)─

翔と麻矢は自宅で食事を取りながら、美菜樹の心配をしているとインターホンが鳴る。

久史「美…美菜樹を……美菜樹を知りませんか!?」

久史はよっぽど急いでいたのか、息を切らしながら翔と麻矢にメールを見せながら聞いた。

《美菜樹》

久史さん

私の事は探さないでください。

もう二度と会うことはないでしょう。

さようなら。

美菜樹

久史「なぜなんだ…美菜樹…なぜなんだ──!!」

病院にも家にもどこにもいないことに久史は発狂した。

美菜樹(美冬)がいなくなってから1年後─

美菜樹(美冬)がいなくなってから1年、美羽はすっかり大きくなって元気に走り回っている。

この道は車が通って危ないからと翔と麻矢が美羽に話しかけて、しばらく歩いていると今は売家になった久史と美菜樹が住んでいた家が見えた。

麻矢はここを通るたびに胸が痛むと翔に話す。

翔が噂では美菜樹が久史の財産をすべて持ち出したって聞いたと言うが、麻矢はあんな優しくて美羽の命の恩人の美菜樹がそんなことをするわけないと否定する。

麻矢「美菜樹…。いったいどこへ行ってしまったの…?」

「警察の話だと舞美も行方不明らしいし…」
「まさかふたりが何か事件に巻き込まれたりしたわけじゃないよな…」

そんな心配をしていると、麻矢の携帯電話が鳴った。

電話の相手は麻矢の父のようで、母の命日だから10時に父を迎えに行って法要に行くという話をしていると、フードを被った人物が離れた場所から2人を覗いていた─。

・・・・・

あーん あーん!あーん!

翔が仕事から戻ると、美羽が外まで聞こえるほど大きな声で泣いていた。

翔が麻矢に美羽の泣き声が外まで聞こえたよ伝えると、麻矢は今日は機嫌が悪いみたいで、いつまでもぐずってるのと困った顔で答える。

翔「どうした?美羽。ママを困らせたらダメだろ?ん?」

翔が美羽の大好きなハンバーグなのに全然食べてないことに気付くと、麻矢は料理サイトの別の作り方を試しに作ったんだけど美羽が全然食べてくれなくて…と話す。

美羽「みう…ママのハンバーグすき」

麻矢「そっか。わかった。じゃ明日は美羽の好きないつものハンバーグを作るね」

麻矢が美羽の手を握りながら優しい笑顔を浮かべた。

・・・・夜になり、翔が美羽を寝かしつける。

翔「珍しいね。美羽が麻矢より俺に寝かしつけしてほしがるなんて」

麻矢「本当に今日の美羽はどうしちゃったんだろう…」

翔が「きっとお墓参りで疲れただけだよ」と言い、麻矢の肩に手を置くと麻矢は翔の方に振り向いた。

麻矢「…翔…愛してる…!」

翔は突然のことに驚き、美羽だけでなく、今日は麻矢もおかしいという。

麻矢「お願い翔…。私をきつく抱きしめて…」
「そして私を愛してるって言って…!

翔はそんな麻矢を見て、ぎゅーと強く抱きしめる。

「俺も愛してるよ。麻矢」

抱きしめられた麻矢の顔は、まるで仮面のようであった─。

>>『私の顔にさようなら』第10巻ネタバレに続く

Sponsored Links

私の顔にさようならを見るなら『まんが王国』

以上、『私の顔にさようなら』第9巻ネタバレでした。

『私の顔にさようなら』の紙媒体では発売されておらず、見る方法は電子書籍だけです。まんが王国に掲載している漫画なので、先行配信で他より早く見ることが可能です。

ネタバレを読んで、やっぱ絵で見たいと思った方はまんが王国で見ることができますよ。

まんが王国で私の顔にさようならを読む

▲無料会員登録をして続きを読む▲

私の顔にさようなら第9巻(単話版)の感想・考察

ついに美冬が麻矢になりかわりましたね!

美羽は子供だからか、ママが変わったことに気付いて違和感を感じているようですが、翔はまだ麻矢が別人になってることには気づいてなさそうです。

翔は麻矢のことが好きだし、気付くとは思いますがどうなるんでしょうか…。

今までは相手を殺してから整形していたけど、今回はいなくなった1年間で顏と体型を変えてきたんだと思うので、麻矢も無事でいるといいんですけどね。

第10巻を読み次第、ネタバレしていきたいと思います。

以上、『私の顔にさようなら 』第9巻のネタバレ感想でした。

-漫画ネタバレ
-

Copyright© YOMOU(ヨモウ) | 漫画のネタバレ・感想!もっと楽しい毎日を , 2019 All Rights Reserved.